パフォーマンスをより美しく演出させる体操用のレオタード

レオタードは、バレエでよく目にすることがありますが、あの内村選手や白井選手で有名な体操競技でも用いられています。体にフィットした設計になっている為、しなやかな筋肉の動きを魅せるような演技をする競技にはぴったりの衣装だというのです。

バレエ用と体操用レオタードの違いとは

ひとつにレオタードと言っても、バレエ用と体操、新体操用とは競技の基準も違い、それぞれ、異なる形になっていて特徴があります。レオタードといえばキラキラしていて、フリルがついているものを想像します、しかし器械体操や新体操では器具を使った激しく体を使う競技のため、怪我の危険性などからフリルは基本的に用いられることはごくわずかと言われています。一方のバレエ用は、体のラインを強調しやすい設計になっていて腕を動かしやすいようにタンクトップの様な袖がないタイプのものが多く、背中が大きく開いているのが特徴です。

体操用レオタードの価格帯から人気のデザインをリサーチしてみた

今回体操用のレオタードをリサーチするにあたって、様々なショップを見てみたところ大会用のレオタードは全体的に華やかで、どれも色鮮やかなデザイン性が際立っているのが見受けられました。細部に装飾や染色が施されていて、約8千円代のものから2万円代という幅広い価格帯で取り扱われていることが多かったのです。一方練習用のレオタードは約2千円代から6千円代と大会用に比べてシンプルに作られているため、お値段もお手頃になっていました。デザイン面からみてみると、スパンコールが縫い付けられていたり、波の様なダイナミックな柄や花柄が描かれていたりするものが定番で、人気のあるデザインです。そんな中で、レオタードのデザインにも流行があるらしく、最近ではハイネックにメッシュ素材を使用しているものが流行り気味にあるようです。

まとめ

こうしてリサーチしてみると、一つひとつ決められた基準に基づいていかに美しく見せていて凄く工夫されて制作しているものということがわかりました。そのため、いざ習い事を始めたとしても価格帯でなかなか手に入れるのが難しいことがあるでしょう。数々の通販サイトを巡ってみても、練習用や大会用などに何着も購入するにはお財布が寒くなってしまうと感じました。そういった問題を解決するためには、オークションサイトでチェックです。格安で出品されているので、利用してみると新しい発見があるかもしれません。