ジュニアのための体操レオタード選び

体操で鍛えた体幹は他のスポーツの基礎にもなるので、どんなスポーツにも役立つと言われています。オリンで活躍する選手は幼児期からはじめる人が多いそうです。柔らかな体を作るためには幼児期から始めるのが良いとのこと。体操教室やクラブチームでめきめき上達し大会などで活躍しているジュニアたちをみると、未来のアスリートとして期待が膨らみます。ここでは体操選手にとってなくてはならないレオタードについて種類や選び方をお伝えします。

体操レオタードにはどんな種類があるの?

レオタードの形には、ハイネック、キャミソール、1サイズレオタード、セパレートタイプレオタードなどがあり、ネックラインやバックラインのV形、深形。ボディにキャザーやラインが入った物。袖の長さもロングスリーブ、ノースリーブ 七分スリープと、実に様々なタイプがあります。次に素材には光沢があるオペコット地。毛羽のあるベアロ地。柔らかくすべすべした肌触りのスムーズ地があり、どれも伸縮性と速乾吸収性に富んだ高機能素材となっています。ジュニアのレオタード選びには、練習用はシンプルな色やデザインで、競技用には存在をアピールできるようデザイン、色、装飾など得点にも繋がるよう考慮する必要があります。

どんなショップがあるの?

ジュニアのレオタードを選びに迷っていませんか?体操レオタードの代表的なショップをご紹介します。代欧米から直輸入のレオタードを中心にネットで販売しているフェアリーマジック。実店舗が名古屋に一ケ所あります。お求めやすい価格商品のみならず体操関連の情報もブログなどでお届けしているお店です。また、オリンストーンのショールームを持つレオタード専門店ナイン ナインは、豊富な品揃えとオーダーメイドも手掛けることで幅広く展開しています。ジムスタイルはmilano(ミラノ)、zone(ゾーン)の正規品を多く扱っており体験者の感性を生かした商品紹介がユニークなショップ。ネットショップのエアムーブは、体操女子、体操男子と専門的に分け、よりわかり易く商品説明をしています。どのショップも豊富な品揃えと専門店としてのこだわりを持っており、訪れてみたいショップと言えるでしょう。

まとめ

多くの種類がある体操のレオタード。ジュニアの練習着や大会・競技用には、目的に応じて種類やデザイン、色を決めましょう。また、直接試着ができる実店舗に出かけて購入するのも失敗のない方法ですし、豊富な品ぞろえのネットショップで輸入ものや正規メーカーの商品を選ぶのも良いでしょう。是非、お気に入りのウェアをじっくりと選んでみて下さい。